こんなにあるの?顔脱毛を受ける際に気を付けること


ニキビがある場合は治療を優先しよう

顔の産毛をきれいに処理するために脱毛サロンで顔脱毛を受ける方は多いです。顔脱毛をすることで産毛がなくなるのはもちろん、美肌をキープすることができます。そもそもカミソリを使って自己処理をすると、肌の角質も同時に削り取ることになります。その結果、肌にダメージを与え続けることになり、乾燥や肌荒れなどのトラブルに発展しやすくなるのです。その点、顔脱毛を行えば自己処理の必要がなくなり、肌トラブルを防ぐことが可能です。良いことずくめの顔脱毛ですが、脱毛サロンに施術に行く際は注意事項があります。それは、ニキビなどでひどい炎症が起きている場合は施術が受けられないことです。顔にニキビが数か所ある程度ならば、テープで保護すれば施術を受けることができます。しかし、顔全体に赤ニキビや黄ニキビなどが多数できている場合、無理に施術を受けると症状が悪化したり、火傷をしたりする恐れがあります。したがって、施術の前にまずはニキビの治療を優先させることが大切です。

施術前は自己処理をきちんとしよう

脱毛サロンで顔脱毛を受ける場合、施術前に必ず産毛の自己処理を忘れずにしましょう。そもそも光脱毛では、毛のメラニン色素に反応する性質がある光を照射することで毛根にダメージを与えていきます。しかし、産毛をきちんと処理しないままで施術を受けると、毛根に集中して光が当たらなくなります。その結果、脱毛の効果が半減してしまうのです。また、ムダ毛がある状態で施術を受けると、光の熱エネルギーが伸びている毛の部分にも照射されてしまいます。すると、皮膚の赤みや火傷などの肌トラブルに繋がる恐れもあります。安全性の問題も生じることから、施術を受ける2日前までに顔用のシェーバーで丁寧に自己処理を行うことが大事です。ただ毛抜きで処理すると毛根がなくなってしまうので、絶対にシェーバーでお手入れするようにしましょう。

施術前の日焼けは厳禁です

顔脱毛を受ける場合、日焼けをしないように気を付ける必要があります。そもそも光脱毛では、メラニンに反応する光を照射してそのエネルギーで生じる熱によって毛母細胞を破壊していきます。したがって、日焼けによって肌が黒くなると、光の波長が体毛だけではなく皮膚にも反応することになるのです。その結果、脱毛の効果が十分に得られなくなる可能性が高いです。このような理由から、顔脱毛を行う場合は外出時に日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子をかぶったりしてきちんと日焼け対策を行う必要があります。

全身脱毛の施術を受けるには事前の準備が必要です。体調を整えておいたり肌トラブルをなくしておく他にも、施術箇所のムダ毛の前処理も必要となります。準備が不十分だと施術を受けられないこともあるので注意です。