豊胸術はこう選ぶ!施術ごとの特徴をチェック


豊胸施術の方法には大きく分けて2種類がある

豊胸施術の方法として一般的な施術には、大きく分けてふたつになります。それは、皮膚を切開する施術と切開しない施術の2種類であり、前者はシリコンバッグの留置などの施術、後者であればバストへのヒアルロン酸や脂肪注入といった施術のことを指します。切開を伴う施術は体積のあるものをバスト内に挿入する施術であるため、一気にカップ数を増やせるというメリットがありますが、小手術であるためにバストの赤みやむくみを生じるダウンタイムが長くなってしまう傾向があります。切開しない施術であればダウンタイムは短くて済みますが、注入できる体積に限界があるため、大幅なカップ数の増加は期待できません。

確実にカップ数を増やしたいなら切開して豊胸しよう

近年は切開に用いる器具を工夫することによって傷口を小さくしたり、鋭利な刃物ではない方法で切開する、などの新しい試みが行われ始めているのが、シリコンバッグなどを留置する豊胸術です。手術によるダメージを抑えることによって、術後のバストが赤くなってしまう時期を短く収め、日常生活への影響を最小限に留めます。しっかりとした質感のシリコンバッグはある程度の体積を誇り、カップ数を一気に増やせるだけでなく、質感ももっちりと触り心地が良いため触られても豊胸した事実に気付かれることが少ない、という点もメリットだと言えるでしょう。

この切開を伴う豊胸術の問題点はシリコンバッグが経年劣化してしまうため、いつかシリコンバッグを取り出すための手術をもう一回行わなければならないという点です。近年のシリコンバッグは耐久性に優れているとはいえ、生体内という独特の環境下に置かれ続けていると数年で変性してしまいます。硬く変性してしまったシリコンバッグを取り出さなくてはならないのであれば、その際に年齢に適した新しいシリコンバッグを入れ直す、というメンテナンスの一環として捉えている方もいるくらいです。

切開しない施術の魅力は自由さ

脂肪注入やヒアルロン酸注入術などの、バストにある一定の体積を切開せずに増やせる施術の魅力は、自由に注入できる点です。バストのアンダーのみ体積を増やしたい、バストの左右差を無くしたい、という要望に対しても有効であり、不足していると感じる部分にボリュームを補う、という形でバストサイズを増やせるのです。反面、注入できる量にある程度制限があるため大幅なカップ数上昇は期待できないこと、またヒアルロン酸や脂肪は生体内に存在する物質なので、一部が吸収されてしまい注入した分より実際に増加するカップ数が少なくなってしまう可能性があることを注意しなくてはなりません。

豊胸手術には、施術の仕方から挿入する素材まで様々な選択肢があります。バストの状態やライフスタイルによって合う方法が異なるため、しっかりと比較検討する必要があるでしょう。