agaとはどんな薄毛!?原因を知って早めに対処することが大事


思春期から注意したい男性特有の脱毛症

男性の思春期以降からよく見られる脱毛症がagaであり、生え際・てっぺんなどから薄毛になっていくのが特徴です。思春期未満では発生する可能性が低いですが、両親が脱毛症を発症しているならば将来的に自分も薄くなる確率が高いと考えてください。薄毛に関係するのは男性ホルモンであり、遺伝が大きく影響しています。日本にはagaを発症している方が1,200万人ほどおり、うち3分の2程度が薄毛の悩みを抱えています。症状の度合いや進行スピードには個人差があるので、発症してもすべての人が治療を必要とするわけではありませんが、予防対策は行っておくのが好ましいです。進行性の脱毛症であるagaは、何もしなければ徐々に毛周期を乱れさせていきます。髪の成長期が短くなると髪密度が低下し、ヘアスタイルが決まりにくくなる問題もあります。

対応が早いほど失う髪を減らせる

ジヒドロテストステロンという物質が頭皮に多く存在すると、agaのリスクを高めることがわかっています。毛包が弱くなっていくので、赤ちゃんの頭髪のようにフワフワに変化していくのです。以前よりも髪のコシがなくなった、ふんわりした状態になった、などの自覚がある人はaga対策を始めるタイミングです。十分にボリュームがある段階から対策を行うのが理想的で、本来は薄くなってから対処するのは遅すぎます。早く対処するほど脱毛遅延が容易になり、中年世代以降までフサフサを維持できるのです。aga対策はaga専門クリニックで行うのが好ましく、脱毛症の治療だけでなく予防対策もできます。失った髪を取り戻すだけでなく、守るための施術にも対応しています。

agaは男性型脱毛症のことを指し、男性ホルモンの減少や遺伝によるものとされます。agaを仙台で治療するなら、評判の高いクリニックがいくつもある仙台駅周辺のクリニックがおすすめです。