早めの発見が大切!?aga対策は長期戦を覚悟しよう


aga治療はなぜ時間がかかるのか?

agaの影響で乱れた毛周期を改善するには時間がかかり、現在においてすぐに効く特効薬は存在しません。agaは遺伝や体質に伴って発生するのが特徴で、生活習慣病と共通点があります。例えば肥満は時間をかけて体重が少しずつ増加していきます。また肥満を解消するにも長期を要し、飲まず食わずで一日を過ごしても元の体型には戻らないでしょう。肥満という体質を改善するには数か月はかかるのが普通で、agaの場合もこれと同じです。メンズクリニックの医師のなかには、aga治療で十分な成果を得るには3年かかると話している方もいます。ミノキシジルやフィナステリドなどのaga治療薬は6か月の使用で効果が認められますが、十分に増やすためにはさらに2~3年の継続治療が必要になるのです。

頭頂部の薄毛は発見しにくい

agaは頭頂部から発生することも多く、他の部位と比較して発見が遅れがちです。鏡で見たときに前頭部はフサフサしていても、頭頂部には握りこぶし大の薄毛があるというケースは少なくありません。頭頂部のagaに関しては、実際に指で触れてみないと発見しにくいのです。しかし洗髪をするときに頭頂部に触れても、薄毛だと気づかない男性がいます。それほど頭頂部の薄毛は自覚が難しいため、定期的に家族や友人にチェックしてもらう、合わせ鏡で見てみるなどの対策が必要でしょう。前頭部と比べて頭頂部のagaは治りやすいと言われているため、早めに発見すれば元のボリュームに戻せる可能性が十分にあります。頭頂部に触れたときになんとなくペタペタするようなら、薄毛が始まっているケースが多いです。

agaを札幌で探す場合、ネットなどでクリニック院長の挨拶もチェックしましょう。治療に対する方針や考えを確認できます。チェックすることで、より自分に合ったクリニックを見つけやすくなります。