太るとagaになりやすい!?肥満とagaの関係を徹底解剖!


肥満による高血圧がagaの原因になっている

「太っている人はagaになりやすいので、早めに対策をしたほうがいい」とよく言われます。その一方で「太っている人がagaになりやすいというのは、外見のコンプレックスにつけ込むための企業戦略だ」という意見もあります。実際に太ることとagaになることとの間には、どのような関係性があるのでしょうか。

まず体型が肥満になるにつれて高血圧の症状があらわれ始めます。全身に脂肪がつくことによって末梢血管が圧迫され、太い血管の血圧も上昇するからです。そしてこの高血圧の症状がagaの原因になっていると一般的には考えられています。実際に血圧を抑える薬を服用したことで、agaにも改善が見られたという事例は多いです。

運動不足を解消することがaga対策になる!

肥満になると脂肪に回さなければならない血液の量も増加し、その影響で頭皮に届く血液の量が減少して毛根が退化することがagaの原因になっているという見解もあります。また「不規則なライフスタイルや運動不足の生活習慣がagaをもたらす」という研究結果もあります。つまり肥満になる原因とagaになる原因には重なる項目が多いのです。

そしてagaの症状があらわれ始めると頭部をあまり人に見られたくない心理が働きますよね。その心理が起因となって自宅に引きこもりがちになり、運動を全くせずにagaがさらに進行するという悪循環に陥る患者もいるのです。体の健康と毛髪の状態は密接に関係しているため、aga対策は日常生活を改善し肥満にならないライフスタイルを取り入れることから始めてみてはいかがでしょうか。

agaを横浜で検討する場合、格安で薄毛治療を始められるクリニックがあります。オンライン診療なども格安で対応しています。