まずはこれを知っておこう!agaに関する基礎知識


初期段階で自覚するのは難しい

髪が急に抜け落ちる円形脱毛症とは異なり、agaの症状は徐々に進行します。そのため初期段階でagaになったことを自覚するのは至難の業です。一般的にagaになる前の毛髪数を100%とすると、80%程度に減ったとしても見た目にはあまり変化はありません。60%程度にまで減って、ようやく頭皮が目立ち始めるのです。つまり薄毛になったことを自覚する段階では、agaがある程度進行しているといえます。

生活習慣病対策がaga対策にも通じる

agaが進行している頭皮では、どのようなことが起こっているのでしょうか。それはヘアサイクルの乱れです。多少の個人差はありますが人の髪は健康な状態であっても1日に100本くらい抜けるといわれています。ヘアサイクルに乱れがなければ、成長期の髪が約80%を占めています。そのため1日に100本くらい抜けたとしても、それと入れかわるようにしてすぐに新しい髪が生えてくるのです。その一方でagaが進行してヘアサイクルが乱れが生じていると成長期の髪が80%を下回り、新しい髪がすぐに生えてこないということが起こります。

また人の髪は軟毛の状態で生えはじめて、次第に硬い髪に変化していきます。ところがagaが進行していると硬い髪に変化する前に成長が止まってしまい、退行期ではないのに髪が抜け落ちてしまうのです。この症状のことを“休止期脱毛”と呼びます。ではヘアサイクルを正常に戻すにはどうすればいいのでしょうか。それは生活習慣病を遠ざけるライフスタイルを手に入れることです。肥満を防ぎ規則正しい生活をすることが、aga対策にも通じているのです。

agaを京都で治療することが出来るのは、aga治療を行っているクリニックです。処方薬の価格差もあるので比較すると良いでしょう。